N SPORT Seat rail Products

N SPORT LS9

Side 3×3 Position

横どめ式 3×3ポジション シートレール

定価30,800円(本体価格28,000円)
3×3position
down10-30_30-50mm
recaro
bride
edrib
sparco
cobra
omp
racetech
NANIWAYA

Features

特長

N SPORT LS9 Side 3×3 Position シートレール
横どめ式、リニア型スライドレール採用、3×3=9通りの高さ調整が可能なシートレール

  • フルバケットタイプなど、
    シート側面で固定するシート用
  • サイドステーでの高さ調整+シート前後に
    各3種類、計9種類の高さ調整機能に加え
    高さ(角度)をほぼ無段階に調整可能
  • S6シートレールの設定車種はLS9で製作可能
N SPORT LS9 Side 3×3 Position シートレール
N SPORT LS9 Side 3×3 Position シートレール
  • 車体フロアに余裕があり、ポジション選択の自由度が高い車種に設定
  • リニア型スライドレールの採用と、溶接熱によるスライドレールの歪み排除で
    純正クオリティのスライド性能を実現
    スライドレールとフレームをリベットで固定
  • アダプター全体がベルトキャッチステーを兼ね強度増に、
    軽量化及びステアリングセンターのオフセット軽減にも貢献
  • 多くのシートに対応する汎用サイドステー

Detail

ディテール

N SPORT LS9 Side 3×3 Position シートレール
N SPORT LS9 Side 3×3 Position シートレール
N SPORT LS9 Side 3×3 Position シートレール

純正クオリティのスライドを実現

スライドが硬くなる最大の要因、「溶接熱」による金属(スライドレール)の歪みが起こらないよう、フレームとスライドレールをリベットで固定。スライドレールへの直接溶接は補助的に行うことで、溶接箇所を僅少に抑え製造しています。溶接熱による歪みの排除とリニア型スライドレールの採用で、かつてない純正クオリティのスライドを実現しました。

軽量化及びステアリングセンターのオフセットを軽減

アダプター(*)がベルトキャッチステーを兼ねた、言わば「大型ベルトキャッチステー」になり、強度増に加え、ベルトキャッチステーを別途設置しない分、軽量化及びフロアセンターに寄せた設計が可能になりました。これにより、車体フロアの構造上、ドア側へステアリングセンターのオフセットが生じる車種において、その量を軽減します。
*シートベルトキャッチの移設が必要な車種のみ、サイドステーを取り付けるアダプターにシートベルトキャッチを移設します。

サイドステーでの高さ調整+シート前後に各3種類、計9種類の高さ調整機能
長穴&斜めにカットしたボルト穴で、高さ(角度)をほぼ無段階に調整可能

サイドステーでの高さ調整に加え、スライドレールに組みつけるアダプターの前後に1個ずつ、サイドステーを取り付けるアダプターの前後に3個ずつ設けたボルト穴の組み合わせで、前後それぞれ3種類の高さに調整可能。さらに、長穴&斜めにカットしたボルト穴により、ほぼ無段階の調整機能が備わりました。 側面のボルトで高さを調整するため、前後異なる高さでもスライドレールに余計な負荷がかからず、スムーズなスライドはそのままに、3×3=9種類の高さ及び角度でセットできます。
N SPORT LS9 Side 3×3 Position シートレール サイドステーでの高さ調整+シート前後に各3種類、計9種類の高さ調整機能 長穴&斜めにカットしたボルト穴で、高さ(角度)をほぼ無段階に調整可能

多くのシートに対応する汎用サイドステー

シートを取り付けるボルト穴を長穴&斜めにカット。さらに、スライドレールへ取り付けるボルト穴も長穴にしたことにより、多くのシートが装着できるほか、細かな高さ(角度)調整に加え、左右方向への調整も可能です。レカロRS-Gなどのマウント位置(ボルト穴の位置)が高いシート(*)にも対応しており、肉抜きホールを設け、可能な限り軽量化を図りました。
*マウント位置が高いシートの後方は、サイドステー最上部のボルト穴のみ使用可能です。
N SPORT Side シートレール 汎用サイドステー
シート取り付けボルト付属

シート取り付けボルト付属

シートをとめるボルト類は全て付属致しておりますので、シートをお持ちであれば、こちらの商品のみで取り付け可能です。
サイドエアバッグキャンセラー付属

サイドエアバッグキャンセラー付属

標準装備・オプション装備を問わず、サイドエアバッグが設定されている車種には、警告灯の点灯を防ぐサイドエアバッグキャンセラーを付属させました。
スーパーローモデルを設定

スーパーローモデルを設定

ローポジションが求められる車種で、純正シートの着座位置と車体フロアのクリアランスに余裕がある場合、スタンダードモデルをさらにローポジション化したスーパーローモデルを合わせて設定しました。前後独立した高さ調整機能でお好みの角度を得ながら、ヒップポイントが車の重心に近づくことで、挙動や路面状況など、車からのインフォメーションがより正確にドライバーに伝わります。

Specification

仕様・取り付けサイズ

  • ダウン幅=スタンダード 10〜30mm / スーパーロー 30〜50mm
  • 設置方法=サイドマウント(横どめ)
  • 高さ調整=サイドステーでの高さ調整+シート前後各3種類、計9種類
         サイドステー取り付け側 1段/20mm
         角度調整幅 -3°〜+7°(10°)
  • 装着サイズ=サイドステー前後290(±5)×左右355〜450mm
          サイドステー前後260(±5)×左右355〜450mm
          サイドステー前後233(±5)×左右355〜450mm
  • 付属品=シート取り付けボルト
        シートベルトアンカーボルト*1
        サイドエアバッグキャンセラー*2

*1 シートベルトキャッチの移設が必要な車種に付属
*2 サイドエアバッグが設定されている車種に付属

【サイドステーの取り付けについて】

装着されるシートの取り付け幅に応じて、下図の向きでサイドステーを取り付けます。
ステアリングセンター(シート左右位置)の調整は、サイドステー取り付けアダプターとサイドステーの取り付け位置で行います。
ベルトホールのグロメットとサイドステーが干渉し、シート本体とサイドステーの間に隙間が生じる場合はスペーサーを使用します。
(使用する個数は隙間に合わせて調整します。)
また、干渉物が無くても、装着されるシートの取り付け幅により、隙間が生じる場合があります。その際は同様にスペーサーを使用します。
(スペーサーを使用する場合は30mmボルトを、使用しない場合は20mmボルトを使用します。)
*スペーサー、ボルトは商品に付属致しております。

サイドステーの取り付けについて5
サイドステーの取り付けについて6
サイドステーの取り付けについて7
サイドステーの取り付けについて8

Conform

適合メーカー及び適合シート

RS-Gシリーズ*1
TS-Gシリーズ*1
SP-Gシリーズ
SP-GTシリーズ
SP-GNシリーズ
SP-A
PRO RACER SPシリーズ
フルバケットシート全機種*2031
042
067
REVシリーズ
EVOシリーズ
PRO2000シリーズ
CIRCUITシリーズ
S-LIGHTシリーズ
ADVシリーズ*3
PRO ADVシリーズ
QRT-Vシリーズ*1
CORSA
IMOLAシリーズ
SUZUKA
EVOLUTION
HTE-ONE*1
PROTOTIPO*1
WRC*1
ARS*1
RT1000
RT1000LB
RT4009
RT9009
フルバケットシート全機種

*1 シート後方は、サイドステー最上部のボルト穴のみ使用可能です。
*2 ZODIAは不可
*3 ADV XTは不可

上記に記載が無いシートでも、取り付け幅が355〜450mmのシートは取り付け可能です。

シート取り付け幅とは

*シート取り付け幅とは・・・


シートの横幅をサイドステー装着面で計測した数値で、
画像のようにシート底面で測ると良いでしょう。


シートの前後で異なる場合は、
一番広い箇所(最大値)を計測して下さい。